こんにちは。歯科衛生士の田口です。

今年もあとわずかです。本当に一年はあっという間ですね~(笑)

皆さんよいお年を(*^^*)

 

さて、今回は被せの最新治療についてお話したいと思います。

最近テレビなどでも紹介されている『セレック』という機械をご存知でしょうか。

セレックとはコンピューター制御によって被せ物を設計・製作するシステムです。

そのメリットは、、、

①治療期間が短い

通常は歯型をとって被せをセットするまでに最低でも2回の通院が必要になります。

しかしセレック治療の場合は1回の通院で済み、治療時間は最短で1時間程度です。

②オールセラミックで丈夫で長持ち

金属の被せの場合、接着力が弱く隙間ができやすいため2次虫歯になりやすいです。

しかしセラミックの場合、接着力が強く細菌が付着しにくい状態を保ちます。

《セレック治療はこんな方におすすめです!!》

✔治療に時間をかけたくない、かけられない方

✔金属アレルギーをお持ちの方

✔銀歯を白い歯に変えたい

✔高精度な治療を希望されてる方

しかしメリットだけではなく、デメリットも、、、(´;ω;`)

①前歯は色が合わせにくい

 セレックブロックというものを削りだして被せを作製します。前歯というのは通常オールセラミッククラウン

であれば技工士さんが歯の色の写真をみて色を合わせます。技工士さんでも前歯の色合わせは難しいです。

なのでセレック治療では限られた色の中から被せを作成しますので前歯には不向きになります。

 

《セレック治療の流れ》

⑴スキャン

土台となる歯を削ったあと、3Ⅾカメラで口腔内を撮影します。型取りが不要のため不快な思いをしません‼

わずか数秒でパソコンのモニターに映し出されます。

⑵被せものの設計

歯の状態をモニター上に再現し、あらゆる角度から歯の形態や噛み合わせの部分を微調整し理想的な形にします。

設計後、さまざまな色のセラミックブロックから最適な色を選びます。

⑶被せの作製

高精度のマシンで設計データをもとにセラミックブロックを削りだします。

こうして優れた被せを加工・作製していきます。

⑷口腔内セット

削りだされたセラミックの被せを口腔内へセットします。

 

 当院で治療の場合の費用

被せ一本あたり66,000円

詰め物一本あたり44,000円

被せや詰め物をする際はカウンセリングを行い、セレック治療のメリット、デメリットをしっかり把握し、納得の上でぜひセレック治療を

受けて頂くことをお勧めします!!

院長から患者様へ
院長からご挨拶

イシカワ歯科のホームページへようこそお越しいただきました。
院長の石川央(ひろし)と申します。
当院では、「愛情を込めて治療」をモットーに、患者様のことを
自身の身内に置き換え、思いやりのある治療を心がけ、診療しています。
治療の際にはしっかりと計画を立て、十分な説明をした上で治療にかかります。
お口のことでお悩みの方は、ぜひご来院ください。

投稿カレンダー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031