こんにちは、歯科衛生士の田口です!

3月に入りだんだんと春の季節になってきましたね。花粉症の方は大変かと思いますが

マスクなど花粉症対策をしっかりしてくださいね(>-<)

 

さて今回は「唾液の役割」についてのお話です。

突然ですがみなさん唾液について考えたことはありますか?

唾液は無色透明、あるいはやや白濁している粘性の液体であり、消化管で最初に分泌される消化液です。

消化機能以外にも唾液には様々な機能があります。

①潤滑作用(咀嚼、嚥下、発音を潤滑にする)

⓶抗菌・殺菌作用(細菌抑制)

③緩衝作用(細菌が産生する酸を中和する)

④保護作用(粘膜保護)

⑤抗脱灰作用(エナメル質の再石灰化を促進する)

⑥味覚再現作用

⑦浄化作用(歯や歯間に付着した食べかすやプラークを洗い流す)

⑧排泄作用

こうように唾液はお口の中で重要な役割を果たしています。

唾液の分泌が低下すると口腔粘膜が傷つきやすくなり、粘膜の炎症、口腔カンジダ症などが起こります。

また食事や会話、嚥下の際に困難を感じるようになります。

さらに歯肉炎、虫歯になりやすい傾向になります。

全身疾患とも関わって、シェーグレン症候群、放射線治療障害、薬の副作用、腫瘍や

外傷による唾液腺や神経への障害、ストレス、重度の糖尿病、加齢などが唾液分泌低下の原因として知られています。

*口腔カンジダ症・・・真菌の一種であるカンジダ菌による口腔内疾患の一つです。発症すると口の中で白い膜で覆われたり、痛みなどが出現します。

*シェーグレン症候群・・・涙や唾液を作り出している涙腺、唾液腺などの外分泌腺に慢性的に炎症が生じ、涙や唾液の分泌が低下し、乾燥症状を呈する自己免疫性疾患です。

そこで唾液腺マッサージの方法を紹介します!!

お口の中には、耳下腺、顎下腺、舌下腺という大きな唾液腺が存在します。この唾液腺を刺激することで唾液分泌を促進します。

≪耳下腺≫

耳たぶのやや前方、上の奥歯あたりのほほに人差し指を当て、指全体で優しく押します。

酸っぱい食べ物を想像すると唾液が出てくるところです。5~10回繰り返し行います。

≪顎下腺≫

あごの骨の内側のやわらかい部分です。指をあて、耳の下からあごの先まで優しく押します。5~10回繰り返し行います。

≪舌下腺≫

あごの先のとがった部分の内側、舌の付け根にあります。下のあごから舌を押し上げるように、両手の親指でグーッと押します。5~10回繰り返し行います。

ソース画像を表示

 このように唾液腺マッサージは誰でも簡単に行うことが出来ますので、最近お口の乾燥が気になる方はぜひ試してみてください^^

院長から患者様へ
院長からご挨拶

イシカワ歯科のホームページへようこそお越しいただきました。
院長の石川央(ひろし)と申します。
当院では、「愛情を込めて治療」をモットーに、患者様のことを
自身の身内に置き換え、思いやりのある治療を心がけ、診療しています。
治療の際にはしっかりと計画を立て、十分な説明をした上で治療にかかります。
お口のことでお悩みの方は、ぜひご来院ください。

投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930