こんにちは!歯科衛生士の馬渕です。

 

 今回は詰め物、被せ物の種類についてのお話です。

お口の中の状態や、虫歯の大きさによって詰め物になるか、被せ物になるかが決まります。

虫歯が神経にまで達している大きい虫歯の場合は神経治療を行います。

神経治療後の歯は脆くなるので補強の為に土台が必要です。

 

◎土台の種類

~保険適用~

《メタルコア》

健康保険適用の土台です。

金属で出来ています。

 

~自費~

《ファイバーコア》

自費の土台です。

白い土台なので被せを付けた後でも透明感を出す事ができ、審美性に優れています。

歯の硬さと近いので、歯に力が加わった時に同じようにしなる為、歯が割れにくいです。

金属が使われていないので金属アレルギーになる心配も無く、歯茎を黒く変色させる事もありません。

 

◎詰め物・被せ物の種類

~保険適用~

前歯だと表側はプラスチックの素材で白いですが、裏側は銀色の状態で出来上がります。

奥歯(前から数えて4番目以降の歯)は銀色の物になります。

 

~自費治療~

《ハイブリッド》

セラミックと歯科用のプラスチックを混ぜた物で作られます。

内側は強度をつける為に金属が使われていますが、外側は白い物です。

プラスチックが混ざっている為、他の自費の物と比べ安価で作る事ができますが、

プラスチックは変色しやすい素材なので年数が経ってくると多少変色する事があります。

また、強度の面でも他の自費の物と比べると少し劣ります。

ブリッジに適応します。

 

《メタルセラミック》

見える範囲にはセラミックが使われており、内側は金属の物です。

内側に金属が使われている為、耐久性に優れており、

歯ぎしりされる方や噛みしめの強い方でも割れにくいです。

内側に金属が使われているので、黒く影が見える事もあり透明感という点ではオールセラミックに劣ります。

 ブリッジに適応します。

 

《オールセラミック》

セラミックのみを使用した物なのでほとんど変色しません。

ご自身の歯と見分けがつかないくらい透明感があり、審美性に優れています。

被せる歯が1本ずつの場合のみ適応します。

 

《ジルコニア》

金属と同じくらい硬い物なので、セラミックよりさらに割れにくく衝撃にも強いです。

金属アレルギーになる心配がありません。

白い物でブリッジにも適応します。

 

《ゴールド》

歯に優しい素材です。

硬すぎないので、噛み合わさる歯が削れる事がありません。

金色なので奥歯など見えにくい場所におススメしています。

 

 《自費のメリット》

◎自費の被せ・詰め物は保険適用の物と比べて汚れが付きにくいので、

虫歯の再発や歯周病の進行抑制にも効果があります。

◎自費の場合は歯型取りの費用を別で頂いていますが、

精密な型取りの材料を使用しますので適合や噛み合わせが良い物が出来上がってきます。

◎周りの歯の色調と合うように作る事が出来ます。

患者様の口腔内の状態などを歯科技工士さんにも正確に伝える為に

口腔内のお写真を撮らせて頂いたり、

患者様のご希望の色などもお聞きしながら作らせて頂きます。

 ◎奥歯でも白い物を入れる事ができます。

 

イシカワ歯科では詰め物や被せ物が必要な方には時間をとってカウンセリングをさせて頂いてます。

自費治療をご希望の方や治療についてご質問がある方はスタッフまで、お申しつけ下さい。

院長から患者様へ
院長からご挨拶

イシカワ歯科のホームページへようこそお越しいただきました。
院長の石川央(ひろし)と申します。
当院では、「愛情を込めて治療」をモットーに、患者様のことを
自身の身内に置き換え、思いやりのある治療を心がけ、診療しています。
治療の際にはしっかりと計画を立て、十分な説明をした上で治療にかかります。
お口のことでお悩みの方は、ぜひご来院ください。

投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930