こんにちは、歯科衛生士の内山です。

朝晩涼しくなり秋の気配を感じる今日この頃ですが、緊急事態宣言下、お出かけはもうしばらくお預けですね。(>_<)

しかし、これを機におうち時間に筋トレやエクササイズをして体を鍛えている方は多いようです。

今回はお口の老化についてお話しします。お口も体と同じように老化します。気になる方はお口のトレーニングも取り入れていただければと思います。

お口が老化すると、口の機能が衰えてきます。口腔機能低下症と呼ばれ、進行すれば話す、噛む、飲み込むという作業が難しくなります。全身の健康を損ない、やがて寝たきりにも繋がる実はとても怖いことなんです。

主な機能の低下とは

① 唾液の分泌が減少する

② 舌の筋肉が衰える

③ 唇、頬の筋肉がおとろえる

④ 喉頭蓋の弁(気道を蓋する弁)の動きが悪くなる

などになります。

高齢の方が咳払いを何度もしたり、食事中むせこむ、という姿を目にしたことがあるかと思います。むせは、食べ物や唾液を飲み込む際に、気道に流れ込まないよう蓋をするための喉頭蓋の弁の働きが衰えるためおこります。そしてむせが上手く出来ないと窒息、誤嚥性肺炎といった命にかかわることにもなります。

また、むせ自体が身体にとても負担になる行為なのです。気道に入りかけた食べ物などを吐き戻す作業、若いうちはなんともないことですが、シニアにとっては血管が破裂するほどの負担になります。

最近よくむせる、咳払いが増えた、夜中にむせて目が覚める、なんてかたは要注意です。歯科で診療中お口に水がたまるとむせる、という方も④が原因の可能性が高いです。

実は自分ではきずいてない人が多いお口の老化。

他にもこんな症状はないですか?

・舌が赤くヒリヒリする

・口臭がきになる

・舌や頬をよく嚙む

・カラオケで高音が出にくくなった

・滑舌が悪くなったきがする

・麵類をすするのが辛い

・食事中口からこぼれる

・お薬やサプリが喉の奥につかえる

などなど・・・

これはお口の老化のサインです。見逃さないでくださいね。

最後にむせを予防改善する簡単なトレーニングを紹介します。

ホントにお手軽でとっても簡単なのでぜ

ひやってみてください。

ガラガラうがいを上を向いて(出来れば天井を見て)10秒~15秒続けてください。これを3回、朝昼晩おこないます。とくに朝起きて1番にすると喉に溜まった細菌を洗い流せるので誤嚥性肺炎の予防にもなり、一石二鳥の効果があり、おすすめですよ(^^♪

人生百年時代、しっかりお口の老化も予防して楽しく過ごしたいものですね!

院長から患者様へ
院長からご挨拶

イシカワ歯科のホームページへようこそお越しいただきました。
院長の石川央(ひろし)と申します。
当院では、「愛情を込めて治療」をモットーに、患者様のことを
自身の身内に置き換え、思いやりのある治療を心がけ、診療しています。
治療の際にはしっかりと計画を立て、十分な説明をした上で治療にかかります。
お口のことでお悩みの方は、ぜひご来院ください。

投稿カレンダー
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031