こんにちは!受付の廷々です(‘ω’)ノ

2020年も残すところあと僅かになりました。
今年は本当に色々な事があった1年でしたが皆生きてるだけで偉いですよね。

なんだか考えさせられる1年でした。いい意味で・・・

さて今回は正しい歯磨きについてです。

なぜ歯磨きは必要??
虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くことが目的です。
口や喉には発がん物質をつくる細菌がいますが、歯磨きをしないとそうした細菌が洗い流されないので、最悪の場合がんになることもあると言われています。

⭐️正しい歯磨きの仕方⭐️
・歯と歯ブラシが垂直になるように毛先を歯の表面にきちんと当てる
(歯ブラシの毛先が広がらないくらいの力で磨く)
・小刻みに動かし1〜2本ずつ磨く

・前歯のでこぼこしている歯は1本1本に歯ブラシを縦に当てて毛先を上下に細かく動かしましょう。

・奥歯の背の低い歯は歯ブラシを斜め横から入れて、細かく動かしましょう。

・歯と歯ぐきの境目に対しては45度の角度に毛先をあてて歯ブラシを軽く動かしましょう。
力任せに無理に歯ぐきの溝の中に歯ブラシの毛先を入れようとすると、歯ぐきを傷つけてしまうので注意してください。

⭐️歯ブラシだけじゃなく、他のアイテムも使おう⭐️
歯ブラシの使用だけでは100%汚れを除去することは難しいです。
なので磨き残しのケアにはデンタルフロスや歯間ブラシがおすすめです。歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や歯と歯ぐきの間など、歯垢や汚れを除去することができます。

また、歯を磨く際は磨き残しがないように歯磨きの順番を決めておくのがコツです。
その日の気分で磨いたり無意識に磨いていると、磨いている歯と磨いていない歯がわからなくなり磨き残し、虫歯の原因になりかねないのです。

 

⭐️歯磨き粉と歯磨き後のうがい⭐️
歯磨きの際はフッ素配合の歯磨き粉を使用して歯を磨くことをおすすめします。
フッ素という成分は歯の表面のエナメル質を覆ってくれるので、歯をコーティングして丈夫にしてくれます。
そのフッ素をお口の中に残すことが大切なので、うがいは少なめにして虫歯予防をしましょう。
特に寝ている間はお口の中の細菌が増殖しやすいので寝る前の歯磨き後、フッ素を歯の表面に残すようにうがいしましょう。

しっかり歯磨きをしないと磨いているのにも関わらず、磨けていない状態になり、知らないうちに虫歯や歯周病を進行させている可能性があります。

そうならない為にも今一度しっかり磨けているかを確認し、清潔なお口の中の状態を保てるよう心がけましょう。

 

今年も多くの患者様にご来院頂き、ありがとうございました。

来年もスタッフ一同頑張っていきますので、当院をよろしくお願い致します。

また来年も皆様に会えることを楽しみにしております。

皆様が素敵な新年を迎えられることをスタッフ一同願っております(^-^)

院長から患者様へ
院長からご挨拶

イシカワ歯科のホームページへようこそお越しいただきました。
院長の石川央(ひろし)と申します。
当院では、「愛情を込めて治療」をモットーに、患者様のことを
自身の身内に置き換え、思いやりのある治療を心がけ、診療しています。
治療の際にはしっかりと計画を立て、十分な説明をした上で治療にかかります。
お口のことでお悩みの方は、ぜひご来院ください。

投稿カレンダー
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930